町田リス園は1988年12月にOPENしました。

障がいのある子供たちに働く場を・・という親御さん達の切実な願いに町田市(当時大下勝正市長)が「これまでにない動物園の仕事を・・」と発案され伊豆大島「りす村」の全面協力のもと授産施設としてスタートしました。

現在(平成28年春)、障がい者自立支援法の就労支援B型施設(特定非営利活動法人 町田リス園)として障がい者(利用者)21名が勤務しています。
利用者の皆さんは開園前の清掃作業、放飼場入口出口ドア開閉(リスの逃亡予防の為重要)、チケット切り、リスえさの袋作り、エサ計量、エサ詰め、モルモット/リスえさ販売、動物用かご洗い/かごリセットや外作業等々の仕事をしています。

開園当時から働いている利用者さんも数名います。現在、19才から60代まで年齢もまちまちですが和気あいあい寒い日も暑い日も一生懸命、そして楽しく働いています。
リス園27年の歴史の中で数々の危機を乗り越えられたのも利用者さん達のどんな時でも失わない“明るさ”と“ひた向きさ”の賜物ではないでしょうか・・
毎年、来園者数は増加し海外からの来園者も増えています。英語圏旅行者コミュニティでは「癒しの動物園」として話題にもなっているそうです。
利用者さん達が仲良く、楽しく仕事をしている「空間」が癒しを創る一因になっていると思います。

これからも利用者さんを含めたStaffのみんなが仲良く力を合わせてリス園を盛り上げていこうと思っています。そして、たくさんの子供達に来ていただき“弱いものをいたわる心”を学んでもらいたい!大人のみなさんにはもう一度子供の頃に戻って“喜び”“感動”を動物とのふれあいから再体験していただきたい!と思っております。

 

特定非営利活動法人
町田リス園 園長 樋口健治